フォトウェディングと前撮りの違いとは?

「フォトウェディング」と「前撮り」は、結婚式の写真撮影に関する言葉としてよく聞きますが、その違いがよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

まず、言葉の意味の違いについて言うと、「フォトウェディング」は、通常の結婚式を行わずに、結婚衣装を着た写真の撮影だけで済ませるものを指します。一方の「前撮り」は、通常の結婚式を行う前のタイミングで、結婚衣装を着た写真を撮影することを意味するものになります。ようするにこの2つは、通常の結婚式をするかどうかに違いがあり、「フォトウェディング」のほうは通常の結婚式をしないことが前提になっているというわけです。

では、プラン内容や費用に違いがあるのかというと、写真撮影だけの基本的なプランであれば、「フォトウェディング」も「前撮り」も、ほとんど違いはないと言えます。どちらも、新郎新婦が結婚衣装を着て、スタジオや屋外で撮影するという内容は同じなので、費用も同じになってしまうのは当然のことかもしれません。ただし、最近のフォトウェディングには、写真撮影だけでなく、挙式会場に少人数のゲストを招いて実際の挙式をしたり、撮影後に会食をしたりするプランも用意されているという、前撮りにはないサービスもあります。もちろん費用に関しては、こうした挙式や会食をプラスしたプランを選ぶと、撮影のみのプランよりも高くなります。

次に、活用方法の違いについては、「フォトウェディング」の場合は、費用を格安に抑えたい人や、新婚旅行とかねて撮影したい人などに利用されていると言えるでしょう。特に費用については、通常の結婚式だと350万円程度が平均相場になりますが、フォトウェディングなら17万円程度で済ませることができます。一方の「前撮り」の場合は、結婚式当日とは違う衣装も着てみたい人や、撮影データを結婚式のアイテムに使いたい人、さらに結婚式本番のヘアメイクのリハーサルをしたい人などに利用されていると言えるでしょう。